Miyamoto Masanobu
宮本まさのぶ (宮本正將)
【生年月日】1980.03.07 【出身地】福岡県

初めまして。
DesignerM代表の 宮本まさのぶ です。

僕は『 デザインで笑顔になれる 』そんなモノ作りを目指し日々、制作に没頭しています。

色々な人や企業にステキなデザインを提供していけたらと思っています。

自分:WEB、デザイン担当
妻:写真、ブログ文章、アイデア、誤字脱字チェック担当
猫(ペット 大吉):癒やし担当

2人と1匹がバランス良く役割を分担することで最高のモノをご提供いたします。

■ 実 績 ■

✎20代✎
苦手なコミュニケーションの克服の為に

着物営業に就職
「人と上手く話せるには?」「とにかく話しを聞く」を目標に、3000人以上接客し、1人平均30分のコミュニケーションをとれるようになる。

店長として店舗運営
お店のメンバーとのコミュニケーションやチームワークなど、協力することの大切さを学ぶ。

✎30代✎
デザイナーになりたくて
Yahooショップでモバイル・車用品を扱うECショップに就職
デザインをとおしてのコミュニケーションやインターネットで伝えることの重要性を知り、ネットショップの商品ページを手掛けるようになる。
一部のモバイル商品が一時期、日本で一番売れるお店になる。

✎現在 フリーランスで独立✎
「ECショップ以外にも、デザインをとおして伝えることにチャレンジしたい」という思いから、勉強を重ね、自由のきくフリーランスとして独立。

現在、SNS広告の運営などを取り入れ「伝わるホームページ」を提供することに熱意を注いでいます😃

僕は、子供の頃から『 何を考えているか分からない 』とよく言われました。

ただボーッとして空想にふけることが多く、親父に言われるがままに生きてきました。

一般企業に入り転職して、公務員にもなりました。
目的もなく漠然と生きてきたなかで人生で大きく変えるできごとがおこりました。

それは、母の死です。

悲しみの中で、母に何もできていない自分に気づき後悔しました。
そして、何のために生きているのかを考えなおそうと思ったのです。

今まで出会った人に色々話しを聞きました。

「仕事って何なんだ??」

その中で、デザイナーという仕事がありました。
僕の新卒のときには殆どなかった仕事だと思います。

何か惹かれるものがあり、とりあえず、やってみました。

ホームページの制作、デザイン…

パソコンってこんな使い方があるのか!?

『 原始人が火を使い出した衝撃もこんな感じだったのではないか 』

という思うくらい画期的でした。

何となく生きてきた僕は原始人になっていたのです。
さらに、驚くことがありました。

めっちゃ面白い!!

そんな感じで勉強しました。
とにかく真似して、勉強しての繰り返しで『とうとう知り合いのホームページ制作を作ること』になったのです。

最初は、なんと1年かかりました。
無料でつくったのですが、知り合いの方も「ゆっくりでいいから」とホームページが新しく変わったらいいかなくらいで頼んでくれたみたいです。

それでも、全力で作りました。
全力で作りすぎて、納得できなくて3回は作り直したのです。

ようやく、完成して納品したとき『想像以上の出来だったのか』ものすごく喜んでくれました。
その時、僕の胸のあたりに熱くこみ上げてくるモノがありました。

初めての経験でした。

ただ、何となく生きてきた僕にとってとても貴重な経験になったのです。
今でもその熱い思いが身体の奥底に刻まれて、原動力となっています。

『 笑顔 』ってスゴイですよね😃
赤ちゃんも、子供も、ペットも、大切な笑顔を大人に教えてくれます。

笑顔は生きる喜びになります。

そんなデザインを作りたいと、日々、自分と戦っています。
多くの人とそんな思いでつながっていけたらいいなと思っています。

Designer M 宮本まさのぶ
Enjoy 趣味

時間があるときに絵を描いています✨

ぐるニャンレポート

プロフィール